ニキビはビニール肌の原因になります

ビニール肌は、妙にテカテカしていて、知らない人が見れば美肌にみえるかもしれませんが、さまざまな肌トラブルの土台ともなる肌質です。
ニキビは、その際たるものに挙げられます。
よくあるのは、ニキビができると、脂分が出すぎていると思い込んで、サッパリ系のスキンケア用品を使って、皮脂を必要以上に多く落としてしまうケースです。
肌の潤いキープに必要な皮脂までも落としていった結果、角質層があらかたはがれ落ちてしまい、ついにはビニール肌へと至ってしまうのです。

 

また、ニキビを早く取ろうとして、ピーリングをしすぎるのも考え物です。
正常な肌のターンオーバーが間に合わなくなり、角質細胞が成熟しきれないまま、肌表面に現れる格好になり、ついには肌のキメが失われ、ビニール肌へと肌質が大幅に低下してしまうのです。

ニキビケアのやりすぎはNG

ニキビができてしまった場合、それをいじったりつぶしたりする行為は、絶対にNGです。
ビニール肌は、敏感肌以上に外部刺激に対して敏感になっている状態なので、刺激の悪影響を受けやすく、肌荒れの状態にますます拍車がかかってしまいます。
また、治った後も、痕が残りやすくなります。

 

また、肌の状態が悪い間は、オイルクレンジングも避けた方が良いでしょう。
皮脂を必要以上落とさないようにするためにも、多少ベトベト感が残っていても、見た目にメイクが落ちた状態でよしとするのが無難です。
潤い分が極度に低下しているので、ニキビができていても、保湿ケアが基本です。
ですが、早くキレイに治したいなら、皮膚科を受診するのがオススメです。
ビニール肌のケアも同時進行なので、間違ったケアで症状を悪化させるよりは、はるかにましです。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

ビニール肌の特徴
ビニール肌にはいくつかの特徴がありますが、ひとつは肌の表面がテカテカに光っているということ。
ビニール肌の画像
ビニール肌とは皮膚表面がテカテカとビニールのようになった状態。百聞は一見にしかず、画像を見ることで一目瞭然です。
ビニール肌と脂漏性皮膚炎
ビニール肌と脂漏性皮膚炎。
ビニール肌の芸能人
あまり表には出てきませんが、ビニール肌に悩む芸能人は、相当数いるようです。
すねのビニール肌
ビニール肌は、顔や腕にできやすいと世間では思われているようですが、すねにできるというケースも少なからず存在します。