ビニール肌と脂漏性皮膚炎

ビニール肌は放っておくと、さまざまな肌トラブルの原因になります。
中でも厄介なのが、脂漏性皮膚炎という病気です。
脂漏性皮膚炎は、かゆみ続いたり、肌が赤くなったりなどの症状があります。多少重症化すると、皮膚の一部がベラッとむけることもあります。
体の中では、鼻の周りや頭皮など、皮脂分布が盛んな部位に起こりやすい傾向があります。頭皮にできた場合は、フケ症と間違えられることは、多々あることです。
年代別にみると、乳児と成人が比較的多くみられる病気です。乳児では自然に治ることが多いのですが、成人ではビニール肌から発展してかかるケースが多くみられます。

脂漏性皮膚炎の主な原因

成人の場合、脂漏性皮膚炎の主な原因は、マラセチアという真菌の異常繁殖です。
マラセチアの好物は皮脂で、皮脂分泌が多い部位で繁殖が盛んになり、肌が炎症を起こすというものです。
バリア機能が弱まったビニール肌にとっては、特にリスクが高いと言えます。
成人の脂漏性皮膚炎は、慢性化しやすいため、皮膚科で治療を受けるのがベストです。
ステロイド系の外用薬を処方されるケースがありますが、使い方を守っていれば怖いものではなく、治療効果を上げることもできます。
決して、自己判断で使用を中止したりはしないことです。

肌断食や水洗顔

ところで、ビニール肌の改善方法の1つに、肌断食が評判高いようで、その一環として水洗顔を実行している人は多いようです。
ただ、化粧品を完全に断つ方法を、素人が実行するのはなかなか難しいようです。
ビニール肌の改善のため、水洗顔をしていて万一、ひどいかゆみやかぶれが起こった場合、脂漏性皮膚炎の可能性があります。
まずは皮膚科を受診するのが賢明です。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

ビニール肌の特徴
ビニール肌にはいくつかの特徴がありますが、ひとつは肌の表面がテカテカに光っているということ。
ビニール肌の画像
ビニール肌とは皮膚表面がテカテカとビニールのようになった状態。百聞は一見にしかず、画像を見ることで一目瞭然です。
ビニール肌の芸能人
あまり表には出てきませんが、ビニール肌に悩む芸能人は、相当数いるようです。
すねのビニール肌
ビニール肌は、顔や腕にできやすいと世間では思われているようですが、すねにできるというケースも少なからず存在します。
ビニール肌とニキビ
ニキビはビニール肌の原因になり、間違ったケアがまたニキビや肌荒れをひきおこします。