ビニール肌を皮膚科で治療してみた…

擬似角質で肌を守るスキンケア

こんなビニール肌の人がいます。

 

私は入浴後にはいつもお肌がてかってしまうビニール肌です。
以前から入浴後にはしっかりとスキンケアをしていても、てかってしまうことも少なくなかったので、調べてみると私はビニール肌だったのだとわかったのです。
なので頬などすごくてかってしまうのですが、すごく目立ちます。
悩みでもあったのですが、改善するためにどんな方法があるのかとも調べてみたりもしたのです。

 

と、いろいろ自己流でリサーチしてみました。
しかし…

 

セルフケアではなんか心許ない。効果があがると感じることができるのが皮膚科へ行く方法だったこともあって、皮膚科に行ってみたのです。

ビニール肌治療は保険適用

そうして皮膚科のクリニックへ行ってみました。

 

すると保険診療で治療をすることができるということだったので費用に関する心配もなかったのです。
美容皮膚科ではなくて、一般皮膚科を受診したおかげだったのですが、治療方法もいい治療方法が見つかったのです。
肌質も自己判断だったのでプロである医者に診断してもらうことができたのですが、入浴後にてかってしまうことも話したのです。
そしたら、やはりビニール肌だったというのです。

 

ということで、皮膚科では保険診療で治療が受けられたようです。
皮膚科ではそれぞれの症状にあわせた治療が施されます。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

ビニール肌の診断
ビニール肌は比較的かんたんに診断でき、対策が立てやすいのが、不幸中の幸いというところでしょう。
ビニール肌と角質培養
ビニール肌の治療に効果的なのが、角質培養という方法だとも言われます。
ヒルドイドでビニール肌治療
ヒルドイドとは、ビニール肌で皮膚科に行くと処方される定番の薬です。