ピーリングのしすぎ、クレンジングのしすぎなどで肌がデリケートに

擬似角質で肌を守るスキンケア

あまり聞き慣れない「ビニール肌」は、肌をいじりすぎて、なってしまうと言われています。
最近この肌状態の人が増えているのだそうです。
肌のお手入れを必要以上にすることでおこるとも言われています。
私はピーリングのしすぎ、クレンジングのしすぎなどで、肌がデリケートになってしまいました。
バリア機能が弱まっている状態で、ちょっとした刺激で肌荒れをおこしてしまいます。
そんなビニール肌は、外側からの刺激に弱いので、紫外線から肌を守るのも一苦労です。

肌をいじりすぎないことでビニール肌が改善

ビニール肌を改善していく方法とは意外にも簡単です。
それは、肌をいじりすぎないことです。

 

ピーリングをしばらくやめること、化粧品をしばらくの間敏感肌用の商品に変えてみるということです。
そしてメイクを天然の素材を使用したものに変えてみることも大切です。
私は、この方法を続けていたら、みるみるお肌が改善されてきました。
やってみるものだなと、思いました。今は健康肌になってハッピーに過ごしています。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

洗顔しすぎてビニール肌になってしまいました
ピーリング効果のある炭酸ガスと合わせた洗顔を続けていたらビニール肌に…。
ビニール肌になってしまいました
ビニール肌の体験談…「ビニール肌になってしまいました」
ビニール肌になってしまった私
あるスキンケアが原因でビニール肌と呼ばれる状態に…。