ビニール肌になる原因はメイクやクレンジング、洗顔による肌への刺激

擬似角質で肌を守るスキンケア

ビニール肌とは、さまざまな刺激により肌の角質が剥がれて薄くなり、肌の内部がむき出しになった状態をいいます。
肌バリアがなくなり、ツルツルになってしまうのです。
ひどくなると、やけど跡のようになり、何をつけてもヒリヒリします。

 

では、ビニール肌になる原因は何でしょう。
それは、メイクやクレンジング、洗顔による肌への刺激です。
パウダーファンデーションは、肌から油分や水分を奪って、肌を乾燥させます。
肌が乾燥すると、肌トラブルを引き起こす刺激になります。
また、洗顔やクレンジングは、善玉菌や皮脂膜を洗い流すので、乾燥や刺激を引き起こす可能性があります。

状態に合わせた適切なケアがないと…

肌が乾燥すると、かさついたり、べたついたり、毛穴の開きやつまり、角質が剥がれたりします。
そんな状態にもかかわらず、ノーケアというのはおすすめしません。
いってみればすでにケガをしている状態なのです。

 

化粧水だけでクリームを使わなかったり、乾燥が原因の肌のべたつきなのに何度も洗顔をしたり、ピーリングやスクラブをすると、ビニール肌になってしまうのです。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

ビニール肌の主な原因は4つ
ビニール肌の原因は●過度なピーリング●洗顔のし過ぎ●熱いお湯で洗顔する●間違った方法でのスキンケア、などです。
肌の過剰な手入れはビニール肌の原因となる
肌の過剰な手入れはビニール肌の原因となります。
デフェリンゲルがビニール肌の原因に…
デフェリンゲルとはニキビ治療に処方される薬ですが、その働きが原因でビニール肌になることがあります。