こんなことで角質層がダメージを

擬似角質で肌を守るスキンケア

肌というのは手入れをすればするほど良いという勘違いをしている人が世の中にはいます。
必要以上に洗顔をしたり、スキンケアをすると肌本来が持っている能力を失ってしまいかえって逆効果となることもあるのです。
ビニール肌と呼ばれる症状もそんな肌の手入れをしすぎてしまったために起こる症状です。
これは肌の手入れをしすぎてしまったために肌の角質層が薄くなってしまい、表面がつるつるして敏感肌となってしまうのです。

角質層が薄くなってしまったことが原因

角質層が薄くなってしまったことが原因ですので、これを改善するには角質層を元通りにしなければなりません。
その為には、洗顔やクレンジングといった角質層にダメージを与えるスキンケアを極力抑えることが重要です。
また、角質層が薄くなってしまった肌は保湿力も極端に落ちています。
肌のトラブルを避けるためにも、油性のクリームなどを使用して十分に保湿力を補ってあげる必要があります。
薄くなってしまった角質層さえ元通りになればビニール肌は改善出来ますので、あせらずに根気よく対処することが重要です。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

ビニール肌の原因とは
ビニール肌になる原因はメイクやクレンジング、洗顔による肌への刺激です。
ビニール肌の主な原因は4つ
ビニール肌の原因は●過度なピーリング●洗顔のし過ぎ●熱いお湯で洗顔する●間違った方法でのスキンケア、などです。
デフェリンゲルがビニール肌の原因に…
デフェリンゲルとはニキビ治療に処方される薬ですが、その働きが原因でビニール肌になることがあります。