ビニール肌の原因は4つ

擬似角質で肌を守るスキンケア

ビニール肌とは、ビニールのようにテカテカとした状態になった肌のことです。
一見艶肌に見えますが、実は肌の角質がとれて敏感な状態になっているのです。
悪化すると炎症やニキビが出来やすくなる・乾燥しやすくなる・化粧品をつけるとヒリヒリするなどの症状が起こる場合があります。
ケアを行って改善する必要があります。
ビニール肌の原因としては、

 

●過度なピーリング
●洗顔のし過ぎ
●熱いお湯で洗顔する
●間違った方法でのスキンケア

 

などがあり、肌に摩擦などのダメージがかかると角質が薄くなり、肌のターンオーバーが正常に行われなくなるため、ビニール肌になると考えられています。

ビニール肌の原因がわかれば改善方法もわかる

ビニール肌を改善するためには、肌に負担をかけないということを心がける必要があります。
洗顔時やタオルを使う場合には、肌を強く擦らないようにしたり、化粧水をつける際には、コットンよりも手を使って優しくなじませるようにすると安心です。
また、化粧品なども低刺激のものを使うようにすることが重要です。

「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

関連ページ

ビニール肌の原因とは
ビニール肌になる原因はメイクやクレンジング、洗顔による肌への刺激です。
肌の過剰な手入れはビニール肌の原因となる
肌の過剰な手入れはビニール肌の原因となります。
デフェリンゲルがビニール肌の原因に…
デフェリンゲルとはニキビ治療に処方される薬ですが、その働きが原因でビニール肌になることがあります。