「疑似角層=もう一枚のバリア層」でビニール肌をケア

バリア層が壊れてしまっているビニール肌。
そんな肌を「もう一枚のバリア層」で包んでケアしようというスキンケアが話題です。
あの有名な青文字系女子モデルにも人気のスキンケアとは?

もっと詳しく知りたい方は擬似バリア層によるビニール肌ケア

ビニール肌の原因記事一覧

 

擬似角質で肌を守るスキンケアビニール肌とは、さまざまな刺激により肌の角質が剥がれて薄くなり、肌の内部がむき出しになった状態をいいます。肌バリアがなくなり、ツルツルになってしまうのです。ひどくなると、やけど跡のようになり、何をつけてもヒリヒリします。では、ビニール肌になる原因は何でしょう。それは、メイクやクレンジング、洗顔による肌への刺激です。パウダーファンデーションは、肌から油分や水分を奪って、肌...

 
 

擬似角質で肌を守るスキンケアビニール肌とは、ビニールのようにテカテカとした状態になった肌のことです。一見艶肌に見えますが、実は肌の角質がとれて敏感な状態になっているのです。悪化すると炎症やニキビが出来やすくなる・乾燥しやすくなる・化粧品をつけるとヒリヒリするなどの症状が起こる場合があります。ケアを行って改善する必要があります。ビニール肌の原因としては、●過度なピーリング●洗顔のし過ぎ●熱いお湯で洗...

 
 

擬似角質で肌を守るスキンケア肌というのは手入れをすればするほど良いという勘違いをしている人が世の中にはいます。必要以上に洗顔をしたり、スキンケアをすると肌本来が持っている能力を失ってしまいかえって逆効果となることもあるのです。ビニール肌と呼ばれる症状もそんな肌の手入れをしすぎてしまったために起こる症状です。これは肌の手入れをしすぎてしまったために肌の角質層が薄くなってしまい、表面がつるつるして敏感...

 
 

皮膚科に治療にいくと、ディフェリンゲルを処方されることがあります。ディフェリンゲルには、目に見えないほど小さい毛穴の詰まりや、最初にできる白ニキビなどに作用し、ニキビの進行を防ぐ働きがあります。おもに思春期ニキビに対して処方されることが多いようです。ただ、ある程度の副作用は必ず出ると思ったほうがよいようです。具体的な副作用としては、赤み、乾燥、落屑、皮膚刺激(ぴりぴり感、かゆみ)などがありますが、...